誰も責任を追及されない社会よりはマトモってもんだ

銀河英雄伝説にならう、格好よい生きかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誰も責任を追及されない社会よりはマトモってもんだ

「おれのために怒ってくれるのはありがたいが、
 まぁ、そう言うな。誰かが責任をとらなきゃならん。
 誰も責任を追及されない社会よりはマトモってもんだ。」
 -アレックス・キャゼルヌ


銀河英雄伝説、自由惑星同盟の中で私の一番好きな人物。
それがこのアレックス・キャゼルヌです。
声がキートン山田さんなのが好い!
キートン山田さんと言えば、私の中ではアベル伝説のヤナックです。
キャゼルヌもヤナックもホントいい味出してる!!

さてこの言葉。
アムリッツアで惨敗を喫した同盟軍の中で、後方で補給の責任者となっていた
キャゼルヌは、敗戦の責任をとって地方の星域に左遷されます。

元々勝ち目の無い無茶な戦いだったのだから、キャゼルヌ先輩の責任ではない!
と、吠えるアッテンボローに対してキャゼルヌが諭すように言いました。

キャゼルヌ先輩!マッタクその通りだと思います。

現代で言えば、巨額の赤字や事業戦略上の大きな過失、不正行為。
これらに対して、責任を取るべき立場の人間が
責任を負っている事が少ないんじゃないかなと思います。
権力をあくどく使って、なんとかして逃げおおせる。

その一方で、その下にいる人間が理不尽に詰め腹切らされて泣きをみる。
まぁ、コレは総て人間の歴史なのでしょうが。

そう言った意味でこのキャゼルヌ先輩や、同じシーンで出てきた
シドニー・シトレ元帥などは潔く、上に立つ人間の鑑だと思います。

私も大学時代、エラい目にあいました。
あれがあってこそ、このキャゼルヌ先輩の言葉に大変な重みを感じます。

OVA第16話「新たなる潮流」

スポンサーサイト












管理者宛の投稿

プロフィール

Horamigo

Author:Horamigo
銀河英雄伝説とクラシックの共演に魅せられて幾年。その至言を備忘すべく残しております。更新はTwitterで確認!みなさまのコメントお待ちしております!!

ドラクエ風アクセスカウンターもどき
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター

オンラインカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。