銀河英雄伝説にならう、格好よい生きかた

 -銀河英雄伝説 名言録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誰に向かって功を誇るつもりか

「止めぬか!卿らは武人であろう。
 単身、しかも素手で敵中に乗り込んだ人間を殺し、
 誰に向かって功を誇るつもりか。」
 -ウォルフガング・ミッターマイヤー


同盟の竜頭蛇尾のおしゃべり政治屋、
ウィリアム・オーデッツの情けない姿と、
ミッターマイヤーの部下への一喝が余りに対照的です。

己の雄弁さに溺れるオーデッツ。
激高したバイエルラインに銃を向けられますが、
それをミッターマイヤーが上記の言葉で制止。
途端に脱力するバイエルラインの表情が素敵です。
敬愛する疾風ウォルフに叱られてショボン…みたいに。

ミッターマイヤーにしてみれば、
全力で向かってくる敵と、卑劣極まる味方は、
打倒して、処刑して然るべきと思っているでしょうが、
それにあたらないオーデッツなど興味がない。
舌先だけの薄い男には構う価値もないと感じているのかも。

それよりも、おそらく出陣してくる
同盟の宿将、アレクサンドル・ビュコックとの戦いの方が重要?

話がまとまらなくなりましたが、
まずはそんなところで、
ミッターマイヤーの格好良さが引き立つ場面でした。

OVA第67話「神々の黄昏(ラグナロック)ふたたび」

スポンサーサイト
プロフィール

Horamigo

Author:Horamigo
銀河英雄伝説とクラシックの共演に魅せられて幾年。その至言を備忘すべく残しております。更新はTwitterで確認!みなさまのコメントお待ちしております!!

ドラクエ風アクセスカウンターもどき
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター

オンラインカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。