銀河英雄伝説にならう、格好よい生きかた

 -銀河英雄伝説 名言録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ん、差し当たり、負けた後のことだけ考えておいていただきましょう

「私も、いや政府も全力を挙げて元帥の努力に報いよう。
 できることがあれば遠慮無く言ってほしい。」
 -ウォルター・アイランズ


「ん、差し当たり、負けた後のことだけ考えておいていただきましょう。」
 -ヤン・ウェンリー


最近、更新がご無沙汰ですいません。
仕事に勉強に大変多忙な毎日を過ごしております。

さて、本日の話題。
帝国軍がランテマリオでビュコック提督を撃砕。
いよいよ物語の中盤!
一番盛り上がると言っても過言ではない天下分け目のバーミリオン会戦を控え、
政治家に勝ってくれと懇願されるヤン元帥。

何でもやるよ!と言われたヤンは冷静にこう答えました。

実に興味深く、腑に落ちる一言だと思います。
勝ち負け、のちの戦略について考えるとき、どうもモヤモヤしていましたが、
これこそもっとも重要な考え方ではないかと思うのです。

ヤンとしては、勿論勝つつもりで戦術を組む。
けれども勝利に絶対は無い。
勝ったらそのまま勢いに乗れるけれど、負ければ同盟は大混乱に陥る。
その大混乱を最小限に収拾するためにも、政治家には考えてほしい。

ヤン自身、例えばアッテンボローなど、
部下が負ける場合の対策は密に練っていたことかと思います。
同時に勝っている場合は余り口を出さない。

この姿勢ですね!

経営者、管理者、先輩はこうでなくではいけないと思います。
でも後輩の成功(酷いのになると成功する前の挑戦にすら)には口を出し、
後輩が失敗すると自分は関係ないよー、なんて酷なモンです。
自分たちが何にも考えていないから、いざというとき関係ないづらする。

幸い、社会に入ってからはこういうのに当たったことはありません。
その前、まだ責任の小さい頃に散々こういうのを思い知ったので却って良かったかも。

最後は話がずれましたが、とりあえず後方で支援する人は、
前線でガンバっている人が上手くいかなかった時の事を考えよう!

そういうことです。

OVA第49話「闇が深くなるのは…」

プロフィール

Horamigo

Author:Horamigo
銀河英雄伝説とクラシックの共演に魅せられて幾年。その至言を備忘すべく残しております。更新はTwitterで確認!みなさまのコメントお待ちしております!!

ドラクエ風アクセスカウンターもどき
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター

オンラインカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。