メックリンガー

銀河英雄伝説にならう、格好よい生きかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一頭の獅子に率いられた羊の群れは、一頭の羊に率いられる獅子の群れを駆逐するという

「いかにメルカッツが率いるといっても、所詮寄せ集め。
 恐るるに足らぬ。」
 -フリッツ・ヨーゼフ・ビッテンフェルト


「一頭の獅子に率いられた羊の群れは、
 一頭の羊に率いられる獅子の群れを駆逐するという。
 油断はせぬことだ。」
 -エルネスト・メックリンガー


リップシュタット盟約が帝国貴族の間に結ばれ、内乱の様相が
いよいよ濃くなってきたこの時期、ライハルト陣営は相手の連合軍司令官に
ウィリバルト・ヨアヒム・フォン・メルカッツ上級大将が
就いたと聞いて、一同驚きを隠せません。

ミッターマイヤーをして「厄介なことになった」と言わしめる、
メルカッツ提督の実力たるや推してはかるべしですが、
いかに烏合の集とは言え、有能な指揮官に率いられる組織には
充分気をつけるようにというメックリンガーの言葉は然りです。

組織は指揮官の度量以上に大きくはならないのですから、
そういった意味では、烏合の集に無限の可能性を与える、
メルカッツ提督に注意をするのは当然のことと言えましょう。

自分たちの組織はどうでしょうね?
一面で、あれだけ腐敗した銀河帝国から
ラインハルトのような超新星が生まれるのも組織の面白いところ。

人事を生業としている私としては、
さしあたり超新星を生む土壌を絶えず耕しておきたいですね。

OVA第18話「リップシュタットの密約」

スポンサーサイト
プロフィール

Horamigo

Author:Horamigo
銀河英雄伝説とクラシックの共演に魅せられて幾年。その至言を備忘すべく残しております。更新はTwitterで確認!みなさまのコメントお待ちしております!!

ドラクエ風アクセスカウンターもどき
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター

オンラインカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。